スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パビリオン山椒魚

実録 パビリオン山椒魚! 実録 パビリオン山椒魚!
冨永昌敬、 他 (2006/08/25)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


パビリオン山椒魚(2006)

監督: 冨永昌敬
出演:
オダギリジョー
香椎由宇
高田純次
麻生祐未
光石研

【ストーリー】
自称“21世紀の天才レントゲン技師”こと飛鳥芳一はある日、第二農響会長・香川から奇妙な依頼を受ける。
それは、かつてパリ万博に出品された伝説の動物国宝であるオオサンショウウオの“キンジロー”が
本物かどうかレントゲンで調べてほしいというものだった。
キンジローは二宮家が代々運営する“キンジロー財団”によって大切に管理されていた。
依頼を引き受けた芳一だったが、そんな彼の前に、二宮家の美人四姉妹の四女あづきが現れる。

コメント
こんにちは~!
パビ魚観賞、やっぱり…意味は分からないですよね^^
>「ストーリーとか、背景とかどっちでもいいの」
まったくです^^
芳一からして「理由とか根拠とか、どうでもいいの」的な振り切れ方、ですものね~(笑)
や~オダギリさん観賞的にはものすごく可愛くて、私はすっかり大好きな作品になってしまっているのですが。
そうしてしつこく見た末、最早何が分からないのかも分からなくなってしまいました^^

ホント、麻生さんのこと言えないですよね~大振りの演技もあそこまでいってしまうと最早何かを突き抜けて…ますよね^^
「ゆれる」の後に公開されたのがコレだというのが、なんとも…スゴイと思いました^^

2006/11/25 20:56| URL | 暁  [Edit]
>暁さん
結局、監督は何を撮りたかったんでしょうね(笑)
それさえもわかんないし(爆)
ストーリー重視でもなく、娯楽作品でもなく、考えさせられる映画でもないってw

オダギリ氏出演が決まってオダギリ氏がふざけやすいように脚本を変えた監督ですから
結局、オダギリ氏の自由な発想とかアイデアとかいろいろ予想もつかない変化を見せてくれるオダギリ氏を監督が一番見たかったのかも(笑)

だって、映画で一番大事なラスト任せちゃうってあたりが・・・www


2006/11/26 01:13| URL | kimiyo  [Edit]
コメントフォーム
Name
Mail
URL
Subject
Comment

Pass
Secret
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
山椒魚
山椒魚サンショウウオ亜目Cryptobranchoidea生物の分類|分類界: 動物|動物界 Animalia門: 脊索動物|脊索動物門 Chordates亜門: 脊椎動物|脊椎動物亜門 Vertebrata綱: 両生類|両生綱 Amphibia目: 有尾類|有尾目(サンショウウオ目) Caudata亜目: サ

みつきの部屋|2007/03/27 04:18

ページトップへ

Time

Archives

Categorys

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

My Favorite

いくつになったの





*script by KT*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

kimiyo

kimiyo
関西在住。
映画と読書とハムスターが好き。
Webのお仕事などもしております。
あみぐるみ作家だったこともある。
(↑活動休止中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。